元AKB48の宮澤佐江がホリプロ所属へ ミュージカル『ピーターパン』で再出発 - エキサイトニュース - エキサイトニュース
芸能活動休止から1年ぶりに復帰した女優の宮沢佐江(28)が21日、インスタグラムを更新。7月1日から大手芸能事務所・ホリプロに所属することを報告した。宮沢は「2019 ...
(出典:エキサイトニュース)

全然変わってないじゃん

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/23(日) 03:16:38.23 ID:tWM7WWk49.net

かつて『AKB48』や『SNH48』で〝明るく元気〟なキャラとして人気を集めた宮澤佐江が、7月から大手芸能事務所『ホリプロ』に所属することが分かった。

約1年の〝充電期間〟明けの宮澤の姿に、ネットでは「顔が違うから誰かと思った」などと驚きの声が上がるとともに、
「ホリプロ」所属について「これでホリプロの荻野のゴリ押し減る?」などと、すっかりブラックなイメージが定着してしまった『NGT48』荻野由佳の〝お役御免〟に期待を寄せる声も多く見受けられている。

『サンケイスポーツ』のインタビューで、《お仕事には恵まれていましたが、自分自身が腑に落ちなくて、これでいいのかなと自問自答して…。
モヤモヤしたまま仕事をするのも嫌だったので》と、昨年8月から芸能活動を休止した理由を明かした宮澤。復帰のきっかけは、昨年11月に7歳上の兄の結婚式に出席した際、
披露宴のテーブルに兄から「休みたいかもしれないけど、お前が活躍している姿を見たい」と書かれた手紙が置いてあったからだという。

アイドル現役時代から〝お兄ちゃんっ子〟を公言していた宮澤は、《兄からこんな言葉をもらえたことがうれしくて》と、インタビュー中に思わず涙をこぼしたそう。
宮澤は今年7月21日開幕のミュージカル『ピーターパン』での復帰が決まっている。

キャラ丸かぶり戦法で荻野を潰す!
しかし、ネット上では現在の宮澤のルックスに衝撃を受けた声が続出。特に、インタビュー中に涙し、手で顔を覆い隠す写真に対して、

《顔が違うから誰かと思った》
《一般人の28歳よりずっと老けてる》
《幼稚園にいるママレベル》
《前の顔良かったのになぁ。変わったの残念》

などと、ルックスの変化に驚きの声が多く上がった。

View this post on Instagram
【お知らせ】 この度、2019年7月1日より『株式会社ホリプロ』に所属することになりました。
大先輩の役者さんやタレントさんが沢山いらっしゃるホリプロに所属させて頂ける事に常に感謝し、気持ちを新たに精進して参りたいと思います。
まずは来月から始まるミュージカル『ピーターパン』で最高な再出発を切れるよう頑張ります。
また、本日発売されましたサンスポで再出発に関してもお話ししていますので一人でも多くの方に見て頂けたら嬉しいです??
. これから出会える沢山の新しいこと、もの、ひと、への期待を胸に、再出発を私なりに楽しみます。
とはいえまだまだ未熟な私なので、色々な方のお力が必要であります。
この場に戻って来られた事を当たり前に思わず身を引き締めて頑張りますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。! . 宮澤 佐江

A post shared by 宮澤佐江 Sae Miyazawa (@sae_3830) on Jun 20, 2019 at 7:20pm PDT

「宮澤さんが所属する『ホリプロ』には、AKB時代ともに活躍した板野友美や河西智美をはじめ、後輩にあたるNGT48荻野由佳も所属しています。
山口真帆への襲撃事件後、活動が縮小したNGT本体に対し、なぜか変わらず新規の仕事が決まる荻野に、世間は〝事務所が荻野をゴリ押ししている〟と受け取った人も多いはず。

しかし、さすがに事務所も荻野に向かって吹く逆風に音を上げたのか、〝明るく元気〟なキャラで丸かぶりしている宮澤を新たに所属させ、
荻野は実質〝お役御免〟でフェードアウトを密かに狙っているといわれています」(芸能事務所関係者)

ネット上でも、荻野のフェードアウトを望んでいる声が続出しており、

《これでホリプロの荻野ゴリ押し減る?》
《荻野退社させてこの人ならよっぽどいいけど》
《ホリプロは荻野の代わりにゴリ押すの?》

などと、依然として荻野に向ける目は〝真っ白〟なままのようだ。

AKBグループ初の海外進出『SNH48』が結成された際、自らの意思で「SNH48一本に力を入れていく」と〝大決断〟をしたこともある宮澤。
そんな責任感のある宮澤なら、今後とも安泰な活動が望めそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1887698/
2019.06.22 17:30 まいじつ


(出典 news.nifty.com)


(出典 www.sanspo.com)


(出典 diarynote.jp)


続きを読む